どうせ売るなら1円でも高く!携帯電話買取業者ランキング

Home > 携帯買取のコラム > きれいにしてから携帯買取をしてもらう

きれいにしてから携帯買取をしてもらう

きれいにしてから携帯買取を依頼すると査定金額を下げられてしまう事が少ないです。
一目見て汚れていると分かる携帯電話をそのまま店に持っていく場合もあります。
買取査定には見た目も含まれているので、汚れていると言うだけで大きく査定の金額を下げられてしまう場合もあります。
これでは納得できない査定の金額になってしまいます。
見える範囲だけでも良いのできれいにしましょう。
乾いたタオルなどで吹くだけで見た目が大きく変わります。
中には濡れたタオルなどで吹いてしまう人もいますが、精密機械になるので濡れたタオルで吹いてしまうと故障の原因になってしまいます。
きれいにしたいと言う気持ちは分かりますが、故障をすると持っている携帯電話の価値は全く無くなります。
また擦り過ぎて傷をつけてしまうと査定の金額が大きく下がってしまうので注意しましょう。



携帯買取で高額査定をしてもらうコツ

購入した時の状態に近づけて携帯買取をしてもらう事によって、より高い査定の結果になる事が多いです。
購入した時の状態に近づけようとすると、所有している携帯電話をきれいにする事を考える方が多いですが、それだけではありません。
もちろんきれいにする事も大切ではありますが、付属品なども一緒に持っていき査定をしてもらうようにしましょう。
購入した時は充電のスタンドや、箱などが一緒についてきます。
箱などは状態にもよりますがきれいなままで残っている場合は、一緒に持っていく事をおすすめします。
一緒に持っていくと携帯電話だけの場合と比べて1割程度査定の価格が上昇する場合が多いです。
査定の金額が高くなるとそれだけたくさんのお金をもらう事ができます。
携帯電話本体をきれいにする事も大切ですが、充電スタンドや箱もきれいにして査定をしてもらいましょう。



携帯買取をしてもらう予定の方は大切に使う

将来携帯買取をしてもらいたいと考えている方は、携帯電話を大切に使いましょう。
大切に使う事によって、査定の金額が高くなり、次に購入をする携帯電話の購入資金にする事ができます。
特に気を付けた方が良いのは携帯電話本体の傷になります。
スマホの場合はケースに入れて使用をしないと周りが傷だらけになってしまいますし、保護フィルムなどを貼っていないと画面に傷ができてしまう場合があります。
この状態で使い続けてしまうと、非常に安い査定の価格にされてしまいます。
どれくらい使っているのかなどでも査定の金額は左右されてしまいますが、状態が悪い物と良い物では査定の金額に大きな差がでるので将来買取をしてもらおうと考えている場合は、大切に使うようにしましょう。
充電の際はスタンドを使う事によって、破損を防ぐ事ができるのでその部分でも注意をしましょう。

次の記事へ
 

カテゴリー